更年期障害の症状は男性にも見られる┃自己解決しない

このエントリーをはてなブックマークに追加
ナース

特徴と治療費

女性と老人

特徴

樹状細胞は非常に数が少ないですが、人間の体内の中で大きな役割を果たしてくれます。それはキラー細胞にがん細胞を攻撃するように指示することができることです。そのため、近年がん細胞の治療方法として樹状細胞療法が注目を集めていて、導入している病院が多くなっています。もちろん、樹状細胞はかずが少ないので体外で培養してからまた体内に戻すことが多いです。手順としては患者から血液を採取して、それを専門の細胞培養施設に渡して培養させます。培養するまでには3週間から4週間程度かかります。これは人工的に作り出すものなので、人工抗原樹状細胞療法と言われることがあります。頭頚部のがんや食道がんなどの治療によく使われています。

治療費

樹状細胞療法はがん細胞治療の中でも最新の治療方法ですが、その費用は保険の適用がきく場合があります。免疫療法の場合は科学的な根拠が確実にあると証明されているわけではありませんので、保険外診療になります。そのため、治療費は全額負担になることが多いです。しかしながら、この樹状細胞療法は先進医療に分類されるため、先進医療保険に加入していれば保険診療として受けることができます。保険外であれば1クールで150万円から200万円程度の治療費がかかります。免疫療法の治療費よりは安価ですが、1クールで終わればまだ良いですがそのあとも続く場合はより高額になります。そのため、保険に加入した上で治療を受けた方が良いです。