更年期障害の症状は男性にも見られる┃自己解決しない

このエントリーをはてなブックマークに追加
ナース

メリットが豊富な治療法

PCを持つ医者

生活の質を下げない

がんと免疫は、非常に密接な関係を持ちます。実は、細胞のがん化は、日常的に起きる自然現象です。しかし、免疫が働くことで大きくならず発症もしません。免疫とは体内に異物がある場合に、これを認識し撃退するシステムです。リンパ球や樹状細胞などが、中心的な役割を果たします。なお、免疫は、正常な細胞は傷つけない特徴があります。このように、ヒトの優れた免疫機能を応用したのが、免疫療法です。リンパ球や樹状細胞の機能を高めて、より積極的ながんへの攻撃を実現しています。それでいて正常な細胞は傷つけませんから、生活の質を維持できます。治療によって大きく体力を落としたり、痛みで精神的に辛いという状況を避けることが可能です。体力を落とさないことは、治療後の生活にも大きな影響を与えることとなります。

他の治療法との並行も

免疫療法を活用することで、さらに積極的ながん治療を行うことが可能です。他の治療法と並行することができるためです。例えば、抗がん剤治療や放射線治療との並行です。先に述べたとおり、免疫療法は患者の体力を落としません。2つの治療を同時に行うことで、がんの進行を効率よく食い止めたり、効率よく改善することができます。なお、治療が進んでいけば、抗がん剤の量を減らし、体力維持できるなどのメリットもあります。なお、免疫療法は、通院のみでの治療が可能です。既に、医療機関にかかっている場合には、主治医と相談し外来での治療することができます。近年では、免疫療法を実施するクリニック側が、主治医との調整を行ってくれる場合もあります。クリニックを選ぶ際には、治療実績を最も重視すべきですが、このような親身なサービスも基準としましょう。